オンライン見学会とは?

スマートフォンやパソコンなどで見る事が出来るネット上での見学会です。

完成見学会を開いて、外観や内装についてアピールしたい。
しかし、新型コロナウイルス感染症の対策で開催が難しい...

今現在そのような会社は多いと思います。
仮に開催したとしても、人が集まるので安心して見学会に参加できないなど、不安材料はたくさんあります。

そこでお勧めしたいのが「オンライン見学会」です。
スマートフォンやパソコンなどで見学できるため、人との接触などが避ける事ができ、オンラインなので、人数制限をしなくてもいつでも見たいときに閲覧できるので、安心して見学会が開けます。

私たちが出来ること

ライブ配信など、縛られる時間が出来てしまい、人手が足りなくなってしまう。
どうお伝えすればより心に響くのか。

など、動画配信サービスなどでオンライン見学会を開こうと思うと、様々な壁があります。

私たちが行っているサービスは、「Matterport」という、特殊なカメラで3D撮影をし、ホームぺージに直接掲載して、その場で閲覧が出来たり、パンフレットなどにQRコードを貼ってスマートフォンなどで閲覧してもらうなど、撮影をし掲載することで気軽に閲覧することができます。

使用する特殊なカメラ

見え方について

下のような3Dのドールハウスのような形のものをウェブページで読み込み、閲覧者が実際に操作をし、見たいところをじっくり見てもらう事が出来ます。
操作も簡単な操作で使いやすいので、誰でもしっかり見る事が出来ます。

どんなことができるのか

上記で説明した通り、3Dで撮影したデータを表示する事が出来ます。
その他にも、3Dモデル内に自由に設置できる“ピン”でアピールしたいものをわかりやすく説明する機能があります。
これには、写真や動画なども載せる事が出来るので、実際に使う時にはどのような感じになるかなど、わかりやすい説明が載せられます。

Matterport以外のVRカメラ、3Dカメラというのは平面を無理やり立体にするような作りが大半です。
「VRをすると気持ち悪くなる」、「なんか違和感がある」という声もあると思います。
映像や写真の画質が悪く無理やり引き延ばすから違和感があります。

Matterportはカメラが6つ+距離を測る深度計で撮影をします。
カメラ6つを上手くつなぎ合わせることで、人間が普段見ているような自然な立体写真を作ります。
また、画質は最新のMattertportの場合4K画質で撮影が可能です。4K画質なので、今までのカメラと比べてもキレイに撮影ができます。

こんなことまで

撮影したものは、DollhouseとFloor planという俯瞰で見ることができます。

  1. 撮影したものを一般的なVRでみる
  2. Dollhouseで横から、斜めから、下から見る
  3. Froor Planで場所を見ながら真上から見る
  4. ゴーグルを付けて本格的なVRとして
  5. 撮影した場所の組み合わせがが動画に自動生成される。

どんな間取りなのかということも、上から横から見る事が出来るので、確認することができます。

本件に関するお問い合わせ先

Scroll Up